高校受験

埼玉県内外で高校への受験を考えている方に向けた受験情報。今回は、公立高校のここ数年でのトレンドなどを中心に、最新情報をまとめました。

埼玉県内の公立高校が、学力検査の点数を開示!

数年前から、埼玉県の公立高校は、受験生への学力検査の得点開示(簡易)を行っているのをご存知ですか?

1週間ほどと短い期間ですが、決められた期間内に受験した高校へ請求すれば、自分の得点を知ることができます。(手続きには、本人確認のため生徒手帳や健康保健証などが必要です)

今まで、受験結果といえば、合否だけがわかって、自分の得点はわからないというのが常識でしたが、もしも不合格だったとしても、どのくらい点数が足りなかったのか知りたいものですよね。それを、今後の学習につなげることもできます。合格したとしたって、自分がどのくらいの点数を取って合格したのかを知ることは、意味のあることでしょう。

簡易結果は、本人しか知ることができませんが、中学校側が生徒から得点情報を集めてデータとして蓄積していくことで、進路指導に活用することも考えられます。

変動を続ける入試制度

入試制度そのものについても、ここ数年で何度か改革され、2012年度からは、前期・後期の2回入試から、1回入試へと変更されます。

出願の傾向としては、普通科よりも専門学科(農業・工業・外国語等)の人気が高く、倍率が上がっています。